フロントラインに立つ

フロントラインに立つ
2020年2月14日
フロントラインに立つ

実現に向けて努力する

最新の「アイコン」は、ブラックPVD仕上げのステンレススティール製ケース44mmを備え、背景に溶け込みながらも際立つスポーティな魅力が特徴です。サンブラッシュ仕上げのブラックダイアルには、コントラストを効かせた3つのスネイル仕上げカウンターを設け、さらに、そのうちの2つをサーキュラーサテン仕上げのリングで囲むことで、より印象的なデザインに仕上げています。3つのカウンターはそれぞれ、9時位置の30分カウンター表示と12時位置の1/10秒カウンター表示、6時位置のスモールセコンドです。6時位置のカウンターは、日付表示も兼ねています。時針と分針については、ロジウム仕上げとホワイトのSLNを施しています。また、中央のクロノグラフ秒針とクロノグラフレジスター、ミニッツトラックにはライトブルーのアクセントを加え、ダイヤルは一面をほとばしるような色彩で満たしました。

さらに、他の「アイコン」モデル同様に、ベゼルにはモーリス・ラクロアを象徴する6つのアームを採用しています。クロノグラフのプッシュボタンはリューズとリューズプロテクターに近い位置に設けることで、洗練されたデザインとスポーティでマスキュリンな外観を実現。この限定エディションはクォーツムーブメントを搭載し、定期的な巻き上げも必要ありません。つまり、この時計を身に着ける方は自分の目標を実現することだけに集中できるということです。加えて、このムーブメントはフロントラインで指揮を執るために欠かせない、時計としての優れた精度を備えています。

また、ライトブルーのステッチを効かせたカーボンのような質感のブラックカーフレザーストラップが時計の素晴らしい外観を引き立てます。ストラップはモーリス・ラクロアならではの「イージーチェンジャブル」システムを採用し、特別なツールを使うことなく、時計の印象を簡単に変えることができます。さらに、ストラップにはブランドのスタイリッシュな「M」のロゴをあしらい、ブラックPVD仕上げのステンレススティール製バタフライバックルを合わせました。

この「アイコン」リミテッドエディションは、プッシュボタン一押しで自らの限界を探求し、夢の実現へと努力し続けられるように身に着ける人を誘導します。

 

成功が成功を生む

モーリス・ラクロアの歴史は、幾度とない成功の積み重ねです。1990年代は、「カリプソ」がブランドのベストセラーでした。このモデルは、のちに更なる大成功を収める「アイコン」の開発にインスピレーションを与えています。

モーリス・ラクロアの時計には、防水性に優れた一体型ケース、フラットなサファイアクリスタル、新たなアイコンとなった6つのアーム付きベゼル、すべてのレザーストラップにあしらわれたMのロゴという共通点があります。さらに特筆すべきは、圧倒的な品質です。ダイヤルは高級感に満ち、表面のポリッシュ仕上げとサテン仕上げはいずれも技術力の結晶です。こうした理由によって、優れたコストパフォーマンスで名高いモーリス・ラクロアへの評価はますます高まる一方です。

最新ニュース

モーリス・ラクロアの最新ニュースを読む

  • 2020年2月25日

    レター、自由な精神を持つデザイナー

    スイス時計メーカーのモーリス・ラクロアは、ブランド フレンドにインスパイアリングなタイのファッションデザイナー、レター(Letar、Pimnarra Sangngernの別名)を迎えることを光栄に思っています。彼女は、自分の才能を極めて優美なクリエーションに注ぎ込む人物です。
    もっと見る
  • 2020年2月25日

    Benzilla カラーの声

    モーリス・ラクロアは、タイのストリートアーティストBenzillaを迎えることにより、フレンドにポップアートカラーが加わったことを誇りに思います。
    もっと見る
  • 2020年2月13日

    ELIROS Green Smoked & Rainbow

    「エリロス グリーン スモークド ダイアル」と「エリロス レインボー」は、愉快な色使いと鮮やかさでファッシ ョニスタたちを彩ります。さらに、両モデルとも遊び心にあふれるだけでなく、極めて実用的で、普段使いに ぴったりの時計です。 モーリス・ラクロアは、鮮やかなダイアルで冬の憂鬱な気分も吹き飛ばす2つの新作モデルを発表します
    もっと見る
© Maurice Lacroix. All rights reserved