AIKON Skeleton TimeForArt

2016年に発表された「アイコン」は今やアーバンスタイルの代名詞となっています。オリジナルモデルはクォーツ式でしたが、コレクションは瞬く間に多彩なコンプリケーションを搭載した機械式時計が多数ラインナップされるまでに成長を遂げました。今回のユニークピースで採用したスケルトンムーブメントは、数えきれないほどのカラーで鮮やかな芸術作品が描かれたキャンバスに見立てられています。夜光塗料を塗布した時針と分針、そして中央のスリムなスウィープセコンド針が、サファイアクリスタルのダイアル上に浮かび、同じ夜光塗料が塗布されたインデックスと共に現在の時刻を表示します。

モーリス・ラクロアはムーブメントのスペシャリストであるセリタ社と緊密に協力し、このモデルに搭載されている特別な自動巻きムーブメント ML115(SW200がベース)を製作。また、ムーブメントのプレートとブリッジには、今回初めて特殊なレインボー加工を施し、極めて個性的な外観に仕上げています。さらに、オープンワークのデザインにより、通常は見えない多くの可動部品が見えるようになっています。遊び心を加えた透明部分には、いくつもの開口部が設けられ、そこを通過する光に照らし出されることで無数の部品がその姿を現します。ローターは、サンドブラストやサンブラッシュといった装飾があしらわれたカスタム仕様。さらに、ムーブメントにはコリマソン仕上げが施されています。

虹をテーマにしたデザインは、手巻きを不要にするローターにも採用され、サファイアクリスタルのケースバックから、その輝きを余すところなく眺めることができます。39mmの控えめなサイズのステンレススティール製ケースに収められ、同じステンレススティールのブレスレットが付き、交換用のブラックのラバーストラップが付属。メゾンの創意工夫が活かされたイージーストラップ交換システムが搭載されているので、工具を使わずにブレスレットとストラップを簡単に交換できます。

「Maurice Lacroix TimeForArt」は、単に時間を伝えるための装置としてだけでなく、その見事さに息を呑む現代アートの傑作としても、スイス・インスティテュートとその多くの支援者の共感を呼ぶに違いありません。

 

TimeforArt ベネフィット・オークションとロードショーについて

「Maurice Lacroix TimeForArt」は12月10日(土)、11日(日)に開催されるフィリップスの「ニューヨーク・ウォッチ・オークション:SEVEN」に出品されます。このオークションに先立ち、フィリップスはロードショーとして世界のさまざまな都市で、いずれも時計製造技術の粋を極める出品タイムピースの展示会を行います。 

• シンガポール:10月13日~15日

• ロンドン:10月20日~23日

• ジュネーブ:11月2日~6日

• 香港:11月24日~29日

• ニューヨーク:12月3日~9日

最新ニュース

モーリス・ラクロアの最新ニュースを読む

  • AIKON #tide Mahindra
    2022年11月14日

    AIKON #tide Mahindra

    2023年、モーリス・ラクロアは、マヒンドラ・レーシングとのパートナーシップをさらに強化させます。そこで今回、共通の価値観、特に世界を少しでも環境に優しいものにしたいという思いを共有する両社が、新作の「AIKON #tide...
    もっと見る
  • AIKON Master Grand Date Black
    2022年11月14日

    AIKON Master Grand Date Black

    新作「アイコン マスター グランド デイト...
    もっと見る
  • モーリス・ラクロア LIVE ART EVENT feat. BENZILLA
    2022年10月28日

    モーリス・ラクロア LIVE ART EVENT feat. BENZILLA

    タイ人アーティストのBENZILLAが来日し、アートパフォーマンスとともにモーリス・ラクロアの新作を一同にご紹介するイベントを開催します。また当日はBENZILLAが手掛けた『AIKON #TIDE...
    もっと見る
© Maurice Lacroix. All rights reserved