モーリス・ラクロアは「FIBA 3x3 ワールドツアー オフィシャルタイムキーパー」を務めます

モーリス・ラクロアは「FIBA 3x3 ワールドツアー オフィシャルタイムキーパー」を務めます
モーリス・ラクロアは「FIBA 3x3 ワールドツアー オフィシャルタイムキーパー」を務めます

モーリス・ラクロアはこの度、「FIBA 3x3 ワールドツアー オフィシャルタイムキーパー」に就任しました。3x3(3人制バスケットボール)は、チーム競技としては世界で最もスピーディーな展開が特徴です。ブレイクは無く、極限の集中力が求められます。パス、シュート、ダンクのいずれをとるか、クロックを見て瞬時に判断しなければなりません。正確さとタイミングが勝利へのカギとなります。誰が王座を手にするのか?目が離せません。世界各地で開催されるツアー形式の本大会で、モーリス・ラクロアはスイスが誇る高精度な計時を提供します。

モーリス・ラクロアはスイス・ジュラ山脈を拠点としながらも、都市でのライフスタイルを意識しています。野心と競争力を持ち、人生を楽しむ人々から選ばれるモーリス・ラクロアは、世界有数のエキサイティングな都市で開催されるイベントに参加しています。近年では、マヒンドラ・レーシング、キング・オブ・ザ・コート、レッドブル・ダンスユアスタイルのパートナーを務めました。

この度、モーリス・ラクロアは、FIBA 3x3 ワールドツアーのオフィシャルタイムキーパーとして再び都市を訪れることとなりました。この国際的なイベントはストリートから生まれました。日常から始まり、今日ではオリンピック競技へと発展した3x3は、真のサクセスストーリーを体現しています。

 

さまざまな大都市で開かれる大会ツアーでは、世界中から集まった精鋭のバスケットボール選手たちが競います。1試合10分という時間の中で、3人制のチームが熱戦を繰り広げます。休憩時間はありません。試合は100カ国以上に配信され、数百万人ものファンが見守ります。ソーシャルメディアにも大規模なオーディエンスを擁し、ファンはオンラインでアクションをつぶさに見ることができます。 

 

ゲームの主役となるのはプロのアスリートたちです。彼らはコート上を驚くべき俊敏さで駆け回ります。ショットクロックが12秒を数えるうちにパスかシュートを打たなければならず、ためらう時間はありません。勝利を決めるのは、正確さとタイミングです。

 

選手らによる圧倒的なゲーム展開とともに、FIBA 3x3 ワールドツアーはスポーツにエンターテイメントを融合した多様性も見どころです。会場にはノンストップの音楽が流れ、エンターテイナーが登場し、観客は専用スペースで観戦を楽しむことができます。

 

ステファン・ワザー(モーリス・ラクロア マネージングディレクター)のコメント:「FIBA 3x3 ワールドツアー オフィシャルタイムキーパーになれたことを大変嬉しく思います。大都市で開催されるため、多くの人々がこのスポーツに触れることができます。いわゆるZ世代に人気があり、ストリートからオリンピックへと進んだサクセスストーリーです。私たちはFIBA 3x3 と同じ価値観を持ち、この関係性はすべてにおいて利点となることを約束します」

 

アレックス・サンチェス氏(FIBA 3x3 マネージング・ディレクター)のコメント:「モーリス・ラクロアをFIBA 3x3 ワールドツアーの新しいオフィシャルタイムキーパーに迎えることができたのは大きな喜びです。この数年でモーリス・ラクロアは複数の3x3プロ選手をサポートし、3x3へのビジョンとコミットメントを示してきました。3x3がそうであるように、モーリス・ラクロアは都会的でオーセンティック、かつインクルーシブなブランドです。共に3x3の発展に携わることができるのを楽しみにしています」

 

FIBA 3x3 ワールドツアーの今シーズン開幕戦は宇都宮市にて、5月14日と15日に行われます。誰が王座を手にするか目が離せない本大会で、モーリス・ラクロアはスイスが誇る高精度な計時を提供します。

FIBA 3x3について

エキサイティングで都会的、イノベーティブな3x3は、ストリートバスケットボールの複数の形態から派生したもので、都市型チーム競技として世界的に知られています。FIBA(国際バスケットボール連盟)が主催する試合では、各チーム3人の2チームが、バスケットボールのハーフコートでプレーします。

 

3x3は、2010年シンガポール ユースオリンピックで初の国際試合が行われました。それ以来、男女別のプロトーナメント(ワールドツアー、ウーマンズシリーズ)と、各国選手権大会が開催されています。

3x3は東京2020オリンピックから、オリンピック正式種目に追加されました。

ウイルソン社がグローバルボールパートナー、およびFIBA 3x3 ワールドツアー2022 アパレルパートナーを務めます。モーリス・ラクロアがFIBA 3x3 ワールドツアー2022 オフィシャルタイムキーパーを務めます。

FIBA 3x3大会では、エンリオ社製フロア、ウイルソン社製ボール、スヘルデ社製バックストップ、ボデット社製ショットクロック、マジックスカイ社製キャノピーシステムが使用されます。

3x3について詳しくは、fiba3x3.basketballまたはFacebookInstagramSina WeiboTencentTikTokTwitterYoukuYouTubeTwitchのFIBA 3x3公式アカウントをご覧ください。お問い合わせは、3x3@fiba.basketballまで。

最新ニュース

モーリス・ラクロアの最新ニュースを読む

© Maurice Lacroix. All rights reserved